放送関連事業

空間投影システム Hyper Vision ハイパービジョン

まるで映画の世界!? 空中にコンテンツを投影することに成功いたしました。
さらに、そのコンテンツに、超音波による触覚フィードバックを付加することが可能になり
シーンはアイデア次第で無限大です、例えば、銀行ATMの画面を空間投影します。
現状は、画面を直接タッチしますが、画面の汚れウイルスの付着が気になる、
画面の指紋付着からパスワードが読み取られてしまうなどの心配が払拭できます。
または、マンション・ホテルのオートロックテンキーを空間投影してしまうなど。
エントランスタイプのご用意もしております、用途に応じてカスタマイズが可能です。
お値段、ご要望、ご意見など、詳しくは、こちら よりお気軽にお問い合わせください。



-商標登録出願中-

お問い合わせはこちら

構成リスト

本体:筐体(AIプレート488ミリ角:ASAIP500MT)
制御用PC(1年間のアクシデンタルダメージ保証付き)
制御用PCワイヤレスタッチキーボード
超高輝度ディスプレイ(液晶)※液晶保護フィルム付き
Omron 無停電電源装置 350VA/210W BY35S
スピーカー STEREO
USBポート拡張(4ポート)ハブ
HDMIケーブル
超音波触覚フィードバックシステム機器(UltraHaptics社製)

※納品時期によって、筐体構成に変更があります。
※本筐体用にアプリケーション開発を弊社で承ることも可能です。

Hyper Vision ご紹介動画